スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

紺ABS SXX/F提灯 (1806, JC2018)

ジャパンカップ2018用に製作したマシンの紹介です.
ジャパンカップ2018は下図のように,車体がジャンプするセクションは終盤のドラゴンバックのみで,そのほかにロッキングストレートとデジタルコーナーの2つのセクションで大きく減速する恐れのあるレイアウトになっています.特にロッキングストレートは壁面に貼られた突起が大きく,模擬したコースなどでの情報を聞いた限りでは減速の恐れだけでなく故障の恐れも大きいようです.

出典:タミヤ「富士通 乾電池 提供 ジャパンカップ2018 総合案内」
この記事では,ジャパンカップ2018用に製作したマシンと今回導入した機構についての紹介していきます.

製作したマシンは下の写真の通りです.前提灯の正転車で基本的な構造は以前ご紹介した5レーン用のマシンと大きく変わりません.タイヤは約25mmのスーパーハードタイヤを使用し,ブレーキはフロントには貼っていますが基本的に前後共に走行中に触れない高さにしています.このブレーキは特定のセクションでの減速ではなく,頭から着地した際にフロント下段ローラーへの衝撃を緩和するために貼っています.


また,ミニ四駆グランプリ2018ニューイヤーからローラー個数とマスダンパーの位置の制限がレギュレーションから撤廃されたため,ローラーは8つ使用し,マスダンパーはローラーの軸を利用して取り付けています.このマスダンパーは既存の穴を3mm以上に拡張してスペーサーに通してており,この位置に設置することでビスが減らせたり,マスダンパー用の支柱が曲がることが減ったりというメリットがある気がします.

ロッキングストレート対策 ロッキングストレートは壁面に幅40~50mm,高さ10~15mmの半丸突起が1レーンあたり3~6個設置されたセクションです.そのため,レギュレーションに規定された車体幅一杯の位置にローラーを固定した状態では通過できない恐れがあります.また,半丸突起状ではあるものの,このサイズだと接触時の衝撃が激しいようで,車体が故障する恐れもあります.

そこで今回は,ローラーステーにスライドダンパーのような左右方向の動きだけでなく,衝撃を後方へ逃がすための可変ダウンスラストローラーのように旋回する動きを加えた機構を取り入れてみました.

まず,リアの機構は下の写真のようになっています.既製品のスライダンパーとは違い,バネ…
最近の投稿

Xシャーシ用の自作GUP

Xシャーシ用に製作した部品のまとめです. この記事では,これまでに製作したXシャーシ用の部品に関してまとめました.主にAパーツや駆動軸の支持・補強のために作ったもので,これらの部品を使う理由などは別の記事(気をつけていること)にまとめていますので興味のある方は合わせてご覧ください. ・プロペラシャフト周り(スイッチ側) 下の写真の左が正転シャーシ用,右が逆転シャーシ用の部品です.
左の正転シャーシ用の部品は「ARシャーシカーボンフロントワイドステー」から切り出したもので,Aパーツの柱が入るところにビスを通して取り付けています.またこの部品は,クリアボディの端材を取りつけられるようにスリットとズレ防止のための柱をたてています.
逆転シャーシ用の部品は主に1.5mm厚のカーボンステーの端材を組み合わせて作りました.ビスで固定する側にはシャーシ側に若干段差があるため,薄くしたカーボンプレートを貼り付けてシャーシにフィットするようにしています.(紹介記事
・プロペラシャフト周り(モーター側) 下の写真にある2つの部品は両方とも逆転シャーシ用の部品です.
左の部品は3mm厚のカーボンステーから削り出したもので,シャーシに取り付ける穴の内側にはナットが収まるように座ぐりをしています.
もう一つの部品はプロペラシャフトを直接抑えるような構造になっており,1.5mmと3mmのカーボンステーを組み合わせて製作しています.この部品は,Aパーツの柱が入るところに通したビスでの固定とシャーシ側面に引っ掛ける事で負荷がかかっても浮かないようにしています. また,これだけだと水平方向に回転する事もあったため,内側にシャーシに引っかかるような突起を設けています.
・カウンターギア周り こちらは正転シャーシ用の部分です.
左の部品はAパーツを支えるためのもので,下の写真位置で使用しています. この部品は,1.5mm厚のカーボンステーの端材を2枚使用し,間に大きい方のワッシャーを挟むとちょうど良い厚さになります.また,この部品の下側のプレートは下の写真の白で塗った箇所に渡すような形状にすることで,スペーサーなどを使わずに取り付けてます. また,上の写真は流用性を考えて1つの部品にしたものですが,下側のプレートとワッシャーだけシャーシに接着しておけばS2シャーシのワンロックギアカバーのように…

公式大会での持ち物

公式大会での持ち物をまとめました.

タミヤが主催する公式大会に参加するにあたり,身軽に行動したかったので持ち物を必要最低限のものに絞ってみました.大まかには以下のような感じです.

・マシンケース:Joseph Joseph 「GoEat 2-in-1 ランチボックス」
・工具入れ:リヒトラブ 「SMART FIT ACTACT コンパクトペンケース」
・部品ケース:メイホウ 「VS-318DD」
・電池ケース:Storacell 「12AA Pack Battery Caddy」
・ストップウォッチ:シチズン 「ストップウォッチ069」
・エントリーシール入れ:A6サイズのクリアフォルダ
・放電器:ミニ四駆オートディスチャーの加工品

この記事では,上記の中からいくつか紹介していきます.
・マシンケース マシンケースは,Joseph Josephの「GoEat 2-in-1 ランチボックス」を使用しています.

内寸は下の写真のようにマシン1台が無理なく入るサイズです.多少動くので心配な方はクッションなどを周囲に貼り付けてもいいかと思います.また,このお弁当箱はもう一層入れた状態で使うため,それなしの状態だとフタのシリコンが落ちてしまいますが,100円均一などにも売っている防音用のクッションをすき間に挟んでおけば簡単には落ちないようになります.


・工具入れ 工具は筆箱に入れて持ち運んでおり,2枚目の写真が入れている工具一式です.また,2枚目の写真にあるスラダングリスの入れ物の内,ステッカーのないものにはセラグリスHGが入っています.
ここで注意したのは,飛行機での遠征時に手荷物で持ち込みたかったため,カッター類は入れず,ドライバーの長さとピンセット・はさみの先端の形状などが手荷物検査でに引っかからないようなものを選びました.(外部リンク:国土交通省,機内持込・お預け手荷物における危険物について

・部品ケース 部品ケースは釣り用の小物ケースを使用して,小分けにして収納しています.上段にはビス・ナット類,ギア,マスダンパー,ローラーを入れ,下段にモーター,タイヤ,シャフト類,ブレーキを入れています.また,モーターは ミニ四モーターケースから切り取った土台を使うことで中で端子が潰れたりしないようにしました.

・電池ケース 電池ケースはStoracellの「12AA Pac…