スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

カーボン加工のあれこれ

カーボンプレートの加工に関する基本事項のまとめです.

この記事ではカーボンプレートの「穴あけ」「貼り合わせ」「切断」「研削」「表面処理」の5つ加工時について手順や工夫などを個別に説明した記事です.
穴あけ 穴あけでは「目印」「下穴」「拡張」の3ステップに分けて加工しています.
まず,「目印」をつける際は既存のプレートの穴をガイドにしてΦ2.0mmのドリルで少し彫り込みます.このとき,ガイドに使うプレートはドリルをまっすぐ立てやすいように厚さが3mm以上にになるように重ねるなどして使用しています.目印は軽くくぼみができる程度で十分です. 次に小さな径のドリルで「下穴」をあけていきます.自分は1.0mmのドリルビットを使ってリュターで開けています.このとき,ピンバイスなどを使用して穴をあけてもよいのですが,このあと修正できるのでここは楽をするためにリューターを使っています.
穴が開いたらドリルもしくはダイヤモンドビット(先端丸)で「拡張」していきます.このとき,いきなり仕上げたい直径のものは使用せず,段階的に分けて穴を広げていくと小さな力で穴を拡げることが出来ますし,穴がずれにくい気がします.また,穴がずれているようなら,ダイヤモンドビットをピンバイスに固定して修正してから穴を広げていくとある程度は修正可能です. 最初の目印をつけるときにのように,プレートをガイドにしていきなり穴をあけることも可能ですが,このような手順でやることでズレを修正出来たり大半の作業をリューターで進めることができるので手で空けるよりも楽に穴をあけられます. 貼り合わせ ローラーステーなどカーボンプレートを貼り合わせて使用する場合には,接合面に傷をつけてからそこに流し込むように瞬間接着剤を流しこみます.接合面の傷はダイヤモンドやすりなどの角を使って下の写真のようにつけています.瞬間接着剤にはウェーブの「瞬間接着剤×3S」のような低粘度のものを使い側面から流し込みます.

上の写真ではネジ等で止めておりませんが,最初はネジ等で2枚のプレートを固定した状態でネジから遠い場所を接着剤で仮止めし,ネジ等を外した後に全体的に流し込むようにすればズレなく貼り合わせることが出来ます.このとき,ネジ等をつけたまま接着してしまうと一緒に接着してしまって外れないことがあるので要注意です. 切断 切断の際はプリントや穴…
最近の投稿

紺ABS SXX/F提灯 (1909, JC2019)

ジャパンカップ2019で使用しているマシンの紹介です.

2019年のジャパンカップは4つのレイアウトがあり,会場などによってレイアウトが変わるようになっております.今回の記事で紹介するマシンは[SOUTH・サウス]で行われたレースで使用した1台の紹介になります.

” 出典:タミヤ,富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2019 総合案内,https://www.tamiya.com/japan/mini4wd/japancup.html ”

マシンの全容は下の写真のようになっております.提灯はフロントから伸ばしており,前後に左右独立式のスライドダンパーを使用しております.タイヤは前にスーパーハードのハーフタイヤ,後ろにローフリクションのハーフタイヤを使用し,ライジングファントムチェンジャーでのトルクを確保しつつスロープのぼりでの飛距離を抑えることをねらってみました.ブレーキは前に青ブレーキ,後ろにマスキングテープで隠した青ブレーキと右前のローラー前方に赤ブレーキを貼っております.

以降ではこのマシンの過去のマシンと仕様が大きく異なるところや,特徴的なセッティングについて説明していきます.
フロントローラー フロントローラーは左右共に9-8mmの2段アルミローラーを使用しております.公式大会などの5レーンのコースを使用したレースでは,セクション間での壁面の段差やデジタルカーブ対策で19mm径などの大きなローラーを使用するのが一般的です.しかし,今回のレイアウトではデジタルカーブであえて減速することでデジタルドラゴンバックでのコースアウトを防ぐセッティングが有効であるため,デジタルコーナーでの減速が大きな小径のローラをフロントに使用しました.

また,左前のローラーは少し高い位置に2段アルミローラーを使用し,その下にはに850ベアリングを取り付けております.これはスロープのぼりからの富士通ホップへの対策で,フロントローラーが接触した際にややアウトリフトするような姿勢をつくりつつ,壁面に対して食いつきの良いローラーでしっかりとコースに入ることを意識したものです.

右前はデジタルカーブでの減速を大きくするために赤ブレーキをローラーの前方に貼っています.このブレーキはカーボンの端材で作成した部品に貼っており,この部品はブレーキをかけた際に回転しないように2つのネジを通すよ…

紺ABS SXX/F提灯 (1806, JC2018)

ジャパンカップ2018用に製作したマシンの紹介です.
ジャパンカップ2018は下図のように,車体がジャンプするセクションは終盤のドラゴンバックのみで,そのほかにロッキングストレートとデジタルコーナーの2つのセクションで大きく減速する恐れのあるレイアウトになっています.特にロッキングストレートは壁面に貼られた突起が大きく,模擬したコースなどでの情報を聞いた限りでは減速の恐れだけでなく故障の恐れも大きいようです.

出典:タミヤ「富士通 乾電池 提供 ジャパンカップ2018 総合案内」
この記事では,ジャパンカップ2018用に製作したマシンと今回導入した機構についての紹介していきます.

製作したマシンは下の写真の通りです.前提灯の正転車で基本的な構造は以前ご紹介した5レーン用のマシンと大きく変わりません.タイヤは約25mmのスーパーハードタイヤを使用し,ブレーキはフロントには貼っていますが基本的に前後共に走行中に触れない高さにしています.このブレーキは特定のセクションでの減速ではなく,頭から着地した際にフロント下段ローラーへの衝撃を緩和するために貼っています.


また,ミニ四駆グランプリ2018ニューイヤーからローラー個数とマスダンパーの位置の制限がレギュレーションから撤廃されたため,ローラーは8つ使用し,マスダンパーはローラーの軸を利用して取り付けています.このマスダンパーは既存の穴を3mm以上に拡張してスペーサーに通してており,この位置に設置することでビスが減らせたり,マスダンパー用の支柱が曲がることが減ったりというメリットがある気がします.

ロッキングストレート対策 ロッキングストレートは壁面に幅40~50mm,高さ10~15mmの半丸突起が1レーンあたり3~6個設置されたセクションです.そのため,レギュレーションに規定された車体幅一杯の位置にローラーを固定した状態では通過できない恐れがあります.また,半丸突起状ではあるものの,このサイズだと接触時の衝撃が激しいようで,車体が故障する恐れもあります.

そこで今回は,ローラーステーにスライドダンパーのような左右方向の動きだけでなく,衝撃を後方へ逃がすための可変ダウンスラストローラーのように旋回する動きを加えた機構を取り入れてみました.

まず,リアの機構は下の写真のようになっています.既製品のスライダンパーとは違い,バネ…

Xシャーシ用の自作GUP

Xシャーシ用に製作した部品のまとめです. この記事では,これまでに製作したXシャーシ用の部品に関してまとめました.主にAパーツや駆動軸の支持・補強のために作ったもので,これらの部品を使う理由などは別の記事(気をつけていること)にまとめていますので興味のある方は合わせてご覧ください. ・プロペラシャフト周り(スイッチ側) 下の写真の左が正転シャーシ用,右が逆転シャーシ用の部品です.
左の正転シャーシ用の部品は「ARシャーシカーボンフロントワイドステー」から切り出したもので,Aパーツの柱が入るところにビスを通して取り付けています.またこの部品は,クリアボディの端材を取りつけられるようにスリットとズレ防止のための柱をたてています.
逆転シャーシ用の部品は主に1.5mm厚のカーボンステーの端材を組み合わせて作りました.ビスで固定する側にはシャーシ側に若干段差があるため,薄くしたカーボンプレートを貼り付けてシャーシにフィットするようにしています.(紹介記事
・プロペラシャフト周り(モーター側) 下の写真にある2つの部品は両方とも逆転シャーシ用の部品です.
左の部品は3mm厚のカーボンステーから削り出したもので,シャーシに取り付ける穴の内側にはナットが収まるように座ぐりをしています.
もう一つの部品はプロペラシャフトを直接抑えるような構造になっており,1.5mmと3mmのカーボンステーを組み合わせて製作しています.この部品は,Aパーツの柱が入るところに通したビスでの固定とシャーシ側面に引っ掛ける事で負荷がかかっても浮かないようにしています. また,これだけだと水平方向に回転する事もあったため,内側にシャーシに引っかかるような突起を設けています.
・カウンターギア周り こちらは正転シャーシ用の部分です.
左の部品はAパーツを支えるためのもので,下の写真位置で使用しています. この部品は,1.5mm厚のカーボンステーの端材を2枚使用し,間に大きい方のワッシャーを挟むとちょうど良い厚さになります.また,この部品の下側のプレートは下の写真の白で塗った箇所に渡すような形状にすることで,スペーサーなどを使わずに取り付けてます. また,上の写真は流用性を考えて1つの部品にしたものですが,下側のプレートとワッシャーだけシャーシに接着しておけばS2シャーシのワンロックギアカバーのように…