スキップしてメイン コンテンツに移動

自作したツール集

自作ツールのまとめ記事です.

・電圧チェッカー

小さくて手軽な電圧計が欲しいなと思った時に作ったものです.電池をマシンに入れたまま確認できるし,モーターをつければ放電器にもなるので優れものです.材料は小型の電圧計の他にフリスクの空箱とタミヤの工作キットのスイッチを主に使っています.スイッチは回転方向の切り替え用です.

・バンクチェッカー

#本気でオススメしたいミニ四駆に使えるツールで紹介されていたものを加工したものです.これはダイソーにあるコレクションボックスが材料で,この円弧の形状が20度バンクとほぼ同じなのでブレーキがバンクに触れないか確認するために持ち歩いています.

サイズはちょうどチェックボックスに入るサイズにしており,角は取り出すために削っています.また,板だけだとフラフラしたり,マシンを乗せた時に変形しそうだったので防音テープを貼って支持を増やしています.

・集塵ボックス

主にタイヤ加工時に使用する集塵ボックスです.以前は3000円くらいで購入した折りたたみ可能な集塵ボックスを使用していたのですが,削りカスの掃除が面倒だったためダイソーで購入した容器で自作したこちらに乗り換えました.タイヤの削りカスは壁にくっつくので,容器丸ごと掃除しやすいこちらの方が圧倒的に掃除の手間が少ないです.多少視認性は落ちていますが,個人的にはほとんど気になりませんでした.

・ブレーキカット台

一定のブレーキの幅で切るためにカッターマットを使って自作したモノです.右側の直プレートを多少削って隙間を開けているので,直プレート1枚分と2枚分の幅で切ることが可能です.あと,ブレーキが取り出しやすいように六角レンチで押し出せるように穴を開けています.


おわりに:
製作に多少手間はかかりますが作業が快適になるオススメのツールばかりです.手間がかかる作業があったり,道具に不満を持っているなら新しい道具を作ってしまいましょう.

このブログの人気の投稿

ブレーキのお話(スロープとバンクの違い)

立体セクションでのブレーキの接触領域に関するまとめです.

3レーンの 立体コースでは主に「バンクアプローチ20(バンク)」と「スロープセクション(スロープ)」が用いられており,最近ではバンクでは減速せずにスロープで減速可能なブレーキ調整が1つの選択肢として重要になってきています.

そこで,ブレーキ調整の検討のために,それぞれのセクションを走行した際のタイヤからバンパー端までの領域でコースと接触する領域を判定するシミュレータを作ってみました.
スロープとバンクでのブレーキ接触領域の違い,これでいろいろ整理できる pic.twitter.com/R49o2jUIA2 — マツ (@drm272) 2017年6月27日バンクやスロープの寸法はネットで拾ったものなので数値の信頼性は不明ですが,傾向としては悪くないといます.

今回は,このシミュレータの結果に基づいてブレーキ調整の考え方について述べています.また,ブレーキの触れ方の変化について説明するためにバンパーの高さが6mmと4mmの時の結果を使って以下で説明していきます.
バンパー高6mm 下の図が各セクションに侵入してから脱出するまでに床面に接触した領域を表したものです.上段がフロント,下段がリア側の結果を示し,左からスロープ,バンク,スロープとバンクの差異です.色は左二つは"青:非接触","赤:接触",右の比較は"緑:差異無し","赤:スロープのみ接触"を表しています.

この結果から,スロープのみで接触する領域が存在することがわかり,バンクの青領域のギリギリあたりにブレーキを貼ればスロープのみ減速可能なブレーキ調整が可能だと考えられます.
また,スロープのみ接触する領域はタイヤから離れるほど広くなる傾向があるため,タイヤから離れた位置でブレーキを調整した方が調整がしやすいのではと考えています.ただし,フロントに関しては最前の位置に貼ると着地の姿勢次第では前転する危険があるので注意が必要です.
バンパー高4mm バンパー高を下げた時の結果は下の図の通りです.色などは前項と同じですが,右下の青の領域は"バンクのみ接触"を表しています.

フロントは前項と同じ傾向ですが,右下の図で赤の領域がなくなり青の領域が現れています…

紺ABS SXX/F提灯 (1806, JC2018)

ジャパンカップ2018用に製作したマシンの紹介です.
ジャパンカップ2018は下図のように,車体がジャンプするセクションは終盤のドラゴンバックのみで,そのほかにロッキングストレートとデジタルコーナーの2つのセクションで大きく減速する恐れのあるレイアウトになっています.特にロッキングストレートは壁面に貼られた突起が大きく,模擬したコースなどでの情報を聞いた限りでは減速の恐れだけでなく故障の恐れも大きいようです.

出典:タミヤ「富士通 乾電池 提供 ジャパンカップ2018 総合案内」
この記事では,ジャパンカップ2018用に製作したマシンと今回導入した機構についての紹介していきます.

製作したマシンは下の写真の通りです.前提灯の正転車で基本的な構造は以前ご紹介した5レーン用のマシンと大きく変わりません.タイヤは約25mmのスーパーハードタイヤを使用し,ブレーキはフロントには貼っていますが基本的に前後共に走行中に触れない高さにしています.このブレーキは特定のセクションでの減速ではなく,頭から着地した際にフロント下段ローラーへの衝撃を緩和するために貼っています.


また,ミニ四駆グランプリ2018ニューイヤーからローラー個数とマスダンパーの位置の制限がレギュレーションから撤廃されたため,ローラーは8つ使用し,マスダンパーはローラーの軸を利用して取り付けています.このマスダンパーは既存の穴を3mm以上に拡張してスペーサーに通してており,この位置に設置することでビスが減らせたり,マスダンパー用の支柱が曲がることが減ったりというメリットがある気がします.

ロッキングストレート対策 ロッキングストレートは壁面に幅40~50mm,高さ10~15mmの半丸突起が1レーンあたり3~6個設置されたセクションです.そのため,レギュレーションに規定された車体幅一杯の位置にローラーを固定した状態では通過できない恐れがあります.また,半丸突起状ではあるものの,このサイズだと接触時の衝撃が激しいようで,車体が故障する恐れもあります.

そこで今回は,ローラーステーにスライドダンパーのような左右方向の動きだけでなく,衝撃を後方へ逃がすための可変ダウンスラストローラーのように旋回する動きを加えた機構を取り入れてみました.

まず,リアの機構は下の写真のようになっています.既製品のスライダンパーとは違い,バネ…

Xシャーシのバンパ―レス化

Xシャーシのバンパーレス化の方法が満足の出来になったのでまとめました.
加工例は下の通りです,FMXでも同じやり方をしています.

手順は以下の3つです.
 ①シャーシの加工
 ②部品の加工
 ③調整・仕上げ

①シャーシの加工:
ここでは,取り付け時の穴あけとバンパーの切断をします.
まず,穴あけは下の写真のようにステーをガイドに穴をあけています.

使っているのは下にある「リヤカーボンステー(3mm)」と「S2についてくるスラストをつけるやつ」の2つ.

リヤカーボンステーにはあらかじめ,リヤマルチステーの根元側から2番目の穴の位置に穴をあけておき,その穴を使います.S2のやつは写真では見えませんが,バンパーのスラストを0にするためにカーボンとバンパーの間に挟んでいて,高さもこいつのおかげいい位置にきます.これを使わずに裏から穴あけも可能ですが,穴をあける面が離れているためドリルの向きがカーボンステーに対して垂直を出しにくいので,私は上からあけています.

バンパーカットは下の写真のようにボディの引っ掛け位置の水平面の境界で切断します.このくらいの位置で直カーボンがフィットするようになりますので,この段階では仕上げ用に少し削りしろを残しておくといいです.

裏側は写真の通り,リブを2箇所を切り落とすだけです.自分は薄刃ニッパーで適当に切り落としてデザインナイフで仕上げてます.


②部品の加工:
ここでは以下の部品を作ります.

まず,カーボンは適当な位置に穴を開けます.自分は長い方の直カーボンとフロントマルチステーの13mmの位置で穴を揃えてから穴をあけています.穴をあけたカーボンは斜めに削り,写真のように上面が水平になるように仕上げれば完了です.なお,直カーボンとボディを引っ掛けるところが干渉してまうので,下の写真のプレートは厚い側だけ削って調整しています.

次に真鍮のパーツですが,これは13mmWAに使用するスペーサーを加工したものです.これは写真のように斜めに削ってバンパーとフィットするように仕上げます.この傾斜や長さは,多少バンパーの面から飛び出すぐらいでも締め付けた際にシャーシに食い込みますので大丈夫な気がします.


③調整・仕上げ:
最後は実際に組みつけながらバンパーの長さを調整していきます.
その前に組み付けるリアプレートは下の写真のように付け根側を少し削っておいてくだ…